廃車・奈良 廃車Q&A

    

廃車Q&A

ホーム →廃車Q&A集

Q:車検が切れていますが引取できますか?
A:全く問題ありません。 ご自宅まで積載車で引取に伺います。 弊社指定の範囲内であれば、引取手数料も発生致しません。
 
Q:エンジンがかかりませんが引取できますか?
A:可能です。 積載車のウインチで引き上げができる状態であれば買取価格に変更はありません。 事故車などで引き上げが困難な場合(作業員が1名では無理なとき・クレーン作業が必要なときなど)は追加費用が必要な場合があります。
 
Q:今月中に廃車手続きできますか?
A:25日までに書類が揃っていれば、当月内に廃車手続きは完了します。 26日以降は翌月になる場合があります。
 
Q:まだ自動車税を払っていませんが廃車できますか?
A:可能です。 自動車税を納付していなくても手続きはできますが、その月までの納税義務は残りますのでお早めに納付をお願いします。
 
Q:車検証を紛失してしまいましたが買取はできますか?
A:申し訳ございませんが、車検証が無い場合は、引取時に所有者の確認が出来ないので、弊社ではお断りをしています。 お手数ですが、陸運局で再交付の手続きをして下さい。
 
Q:知人の車を代理で廃車したいのですが引取できますか?
A:可能です。 所有者様の実印が押印済みの委任状と譲渡証明書・印鑑証明書・身分証明書の写しなどが必要です。 ご自分で廃車手続きをされる場合でも前記の書類の写しを頂きます。 詳しくはお問い合わせ下さい。
 
Q:所有者が信販会社・ディーラーになっていますが廃車できますか?
A:信販会社・ディーラーに所有権解除の書類を依頼して下さい。 書類が揃えば通常通りの買取が可能です。 残債がある場合は、信販会社・ディーラーの指示に従って下さい。
 
Q:ナビとETCを次ぎの車に使いたいのですが自分では外せなくて・・・・・
A:ナビ・ETC・オーディオ(ヘッドユニットのみ)など30分以内で取り外しができるものであれば無料で外します。 取り外しが困難なものは有料又はお断りをする場合があります。 万一取り外した部品に不具合が生じても一切の責任は負えませんのでご了承下さい。
 
Q:自分で廃車の手続きをしたいのですが・・・・・
A:可能です。車両引渡のあとすぐに手続きをする場合は、一時抹消をして下さい。これで自動車税の還付と自賠責の解約ができます。車検が残っている場合は、重量税の還付がありますが、手続きは車両の解体が終わってから(約一ヶ月後)でないとできません。 従って陸運局へ2回行くか自動車税還付金・自賠責返戻金を1ヶ月分減らして陸運局へ1回行くかどちらかになります。
 
Q:平日の昼間に時間に時間がとれないのですが・・・・・
A:ご相談頂けましたら、夜間の引取もできるだけ対応いたします。
 
Q:買取価格以外で費用が発生することはありますか?
A:通常の費用は全て買取価格に含まれています。但し、下記の場合は、費用を請求する場合があります。

 ・ リサイクル料金が預託されていない場合
 ・ 引取にクレーンなど特別な作業や人員が必要のなった場合
 ・ 車内に大量のゴミや産業廃棄物が放置されている場合
 
Q:車を持ち込みたいけど帰りはどうしよう・・・・・
A:最寄りの駅までお送りします。  近鉄向島駅・JR黄檗駅・JR木幡駅・京阪黄檗駅・京阪木幡駅からお選び下さい。
 
Q:重量税と自賠責保険は買取できるようですが自動車税は買取できませんか?
A:弊社が廃車手続きをした車両は抹消と同時に全て旭商会の名義へ変更しています。 重量税と自賠責保険は最終所有者である旭商会が受け取ることができるので買取ができます。 自動車税は4月1日時点の所有者(自動車税を納付した方)へ還付されるために旭商会が受け取ることができません。従って自動車税だけは買取ができません。
 
Q:廃車引取エリア外ですが引取は無理ですか?
A:買取価格は減額になりますがエリア外でも可能な場合があります。
詳しくはお問い合わせ下さい。
 
Q:所有者がすでに死亡していますが廃車できますか?
A:可能です。  相続人全員の印鑑証明書・所有者の死亡を確認出来る謄本(戸籍謄本または除籍謄本)・遺産分割協議書・車両を相続される方の委任状・譲渡証明書が必要です。

相続人の印鑑証明書が揃わない場合は、一親等相続人の代表者の委任状・前記の方の印鑑証明書・所有者の死亡を確認出来る謄本(戸籍謄本または除籍謄本)・重量税還付口座情報 (名義変更ができないので重量税・自賠責の買取は出来ません。解体終了後の手続きになるので還付金の額も大幅に減少します)

軽自動車は、所有者の認印があれば通常と同じ方法で廃車出来ます。
 
自賠責保険の買取額が月割りで計算した金額より少ないのでは?
損保会社発行の解約保険料表より算出しています。 保険会社の事務手数料が含まれているので、月割りで計算した額より少なくなっています。
弊社の買取額は、車検残月数+1ヶ月分の解約保険料−弊社手数料1000円になっています。
 
抹消証明書写しが届きましたがなぜ所有者が(株)旭商会になっているのですか? 
(メリットが書ききれないほど沢山あるので別ページで開きます。) 
 
売却後すぐに引越しをしますが自動車税の還付通知は転送されますか?
転送はされますが、現住所と相違があると還付を受けられない場合もあるので変更届けの提出をおすすめします。
決まった書式はありません。以下の内容を記載して下さい。
自動車登録番号・所有者名・旧住所・新住所・電話番号
区画整理で住所表示が変更になっています、何か書類が必要ですか?
区画整理の場合は引越しをしていなくても必要です。市町村役場で「住所表示変更証明書」を発行してください。(市町村合併の場合は不要です)
引き取った車はその後どうなるの?
弊社は、自動車中古部品の販売をしています。弊社で販売可能な部品を取り外し残りを鉄・アルミなどのスクラップとして販売します。
ごく一部ですが輸出用中古車として販売することもあります。
戸籍の附表でも車検証の住所までの履歴が確認できません。
住民票除票・戸籍の附表の保存期間は5年です、それ以前の転居履歴を証明する公的書類はありません。証明できない履歴は申立書を添付してください。
外国人登録のため、戸籍の附表が取得できません。
平成24年7月9日からは、外国人登録法が廃止されました。これに伴い、外国人登録原票記載事項証明書は、発行できません。居住地等の証明は「住民票の写し」をお取りいただくことになりますが、7月9日より前の居住地や家族事項などの証明は「住民票」には記載されていませ。証明できない履歴は申立書を添付してください。
トップページの女性は、誰ですか?
残念ながら弊社の社員ではありません。フリーモデルの河村友歌(かわむらゆか)さんです。応援してください。
河村友歌 - Wikipedia   ぱくたそ河村友歌
Copyright (C) 2010 廃車買取の(株)旭商会. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system