奈良・免許証自主返納

免許証自主返納について

ホーム →免許証自主返納について

高齢者事故の現状

平成28年の交通事故死者数は3,904人(前年比-213人,-5.2%)で,昭和24年以来67年ぶりに4千人を下回った。人口10万人当たり死者数は,高齢者を含め全年齢層で減少傾向にあるものの,高齢者人口自体が増加しているため,死者全体のうち高齢者の占める割合は上昇傾向にあり,平成28年は過去最高の54.8%となった。
 

後悔する前に運転免許証を自主返納しませんか

加齢や病気に伴う身体や認知機能の変化により、運転に不安を感じる方やご家族から交通事故の心配をされている方は、「運転免許証の自主返納」について、一度考えてみてください。

高齢者の免許保有数と自主返納数(京都府警察資料より)
 

奈良県で運転免許証を返納するには

自主返納(申請取消)の手続きについて

自主返納は有効期限のある免許証を返納する手続きです。(失効している免許証では返納できません。)
代理人による申請はできませんので、必ずご本人が申請してください。
返納後は運転することができません。また、免許証を復活することもできません。

手続きが可能な場所と時間

運転免許センター
 午前9時30分から午前11時30分まで
 午後2時から午後4時まで

住所地を管轄する警察署
 午前8時30分から正午まで
 午後1時から午後4時まで

受付曜日
平日のみ
※土曜日、日曜日、祝祭日、振替休日、年末年始(12月29日から1月3日)は受付していません。

必要なもの
運転免許証
※運転免許証を紛失されている方は、印鑑と身分証明書をご持参ください。
 なお、身分証明書は、住民票、健康保険証、パスポート、年金手帳などの氏名、住所、生年月日が確認できるもので、コピーは使用できません。

運転経歴証明書について≪有効な運転免許証を返納された方の手続きです≫
運転経歴証明書は、免許証を自主返納するまでの5年間の運転経歴を証明するものです。
運転経歴証明書で運転をすることはできません。
運転経歴証明書に有効期限はありません。
紛失等による再交付、氏名・住所の記載事項の変更手続きはできます。なお、本籍欄はありませんので、変更があっても手続きは不要です。

手続きが可能な場所と時間

運転免許センター
 午前9時30分から午前11時30分まで
 午後2時から午後4時まで
 ※即日交付(約2時間)

住所地を管轄する警察署
 午前8時30分から正午まで
 午後1時から午後4時まで
 ※後日交付(約2週間)

受付曜日
平日のみ
※土曜日、日曜日、祝祭日、振替休日、年末年始(12月29日から1月3日)は受付していません。

必要なもの
※住所地を管轄する警察署で手続きをされる方は、写真1枚(縦3センチメートル、横2.4センチメートル、6ヶ月以内に撮影した無帽・正面・上三分身・無背景で人物が鮮明なもの)をご持参ください。
※運転免許証の返納とは別の日に運転経歴証明書を申請する場合は、下記のものを持参してください。
運転免許証を返納の際に交付された「申請取消通知書」
身分証明書(住民票、健康保険証、パスポート、年金手帳などの氏名、住所、生年月日が確認できるもので、コピーは使用できません。)
 

運転免許証自主返納高齢者支援制度のご案内

支援制度に賛同し、参加して頂いた事業所や自治体等が、運転免許を自主的に返納して運転経歴証明書の交付を受けた高齢者の方に対し、商品の割引などの特典やサービスを提供することによって、生活支援を行います。
 
 支援制度に参加されている事業所等には「高齢者交通安全支援事業所の証」が掲示されています。


自治体による支援内容 (ファイル名:jichitai_H30_1.pdf サイズ:72.99KB)

交通機関、交通用具関係の支援内容 (ファイル名:koutsuukikanyougu.pdf サイズ:182.53KB)

支援事業一覧(商品、飲食代、 入場料等) (ファイル名:shienjigyouH3003.pdf サイズ:291.81KB)

タクシー協会加盟事業所一覧(支援制度参加事業者のみ) (ファイル名:takushiikyoukaikamei.pdf サイズ:79.62KB)
 
Copyright (C) 2010 廃車買取の(株)旭商会. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system